カラーセラピーとしてのピンク

色というのは様々な力があるとされています。色の力や心理をカラーセラピーと言う形で生かすことができるようになっています。例えばピンクのカラーセラピーとしてはこれは女性ホルモンに影響を及ぼすとされています。美しくなる、ということにおいて周りのものをピンクにしておく、ということがとても心理に影響を与えるのです。女性が無意識にピンク好きになるというのは美を求める意識が強くあるから、ということもあるでしょう。

 

ピンクといってもそこまで強い色ではなく、薄いピンクが最高とされています。薄いピンクは脳の活性化を促し、気分を高潮させて血行をよくしたりする、とすらいわれています。カラーセラピーというのはこうした色の持つ力を利用して、普段の生活に組み込むことにより、心身の状態をよくしていこう、ということになります。実際どの程度の効果があり、そしてそれは本当に医学的に認められているのか、と言う事は割と人によって差があることになります。